<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うまく言えないのだけれど
「標識や看板は見てもらえなければなんの意味もない。」
ゆえにドキドキするという話はよくしますが、

突き詰めて考えると、

例えば玩具は
手に取る人をワクワクさせられなければその存在価値は無くって、
例えば音楽は
聴く人を幸せに出来れば駄目なのだと気付いちゃうと、

逆にそれさえ満たせばなんでも玩具に、
あるいは音楽になり得るのだととしたらなんて考えちゃうと、

胸の奥が締め付けられるように思うのです。
追い詰められてるその感覚が愛おしい。

価値は与えられるもの。
結局のところ、他者に依存しているんだなぁとか。

例えば救う人あってのヒーロー。

なら私はどうして私なのでしょうね。
スポンサーサイト
プロフィール

J

Author:J
 
ついったーやってます。→shelostherway

コメントは拍手でお願いします。

カテゴリ
11.01.15
リンク
南方研究所 ちほP ミントBlue 蒼色写真
検索フォーム
お友達
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。